Windows共有フォルダをLinuxがマウント!(mountコマンド)

WindowsPCでPythonソースコードいじって保存→Raspberry  Piで即テスト!とかできます。
Cソースコードいじって即gcc!とか。

はじめに

WindowsPCのローカルフォルダをLAN内で共有できることはご存知かと思います。
そこまではできている体で、Linuxでマウントするコマンドを紹介します。本当は防備録です。
マウントというのは、USBメモリや他のPCの記憶領域を扱える状態にするものです。アンマウントはWindowsの「ハードウェアの安全な取り外し」にあたります。トランザクション(書き込み読み込みの一連の動作)を安全にやろう!ってことですね。
SQLみたいなロックとか原子性とかありません。本当にシンプルにマウントするだけです。Linuxで一生懸命編集し終えた直後、Windowsのほうでもファイルを開きっぱなしで自動上書きされたなんてことないようにしましょう。

コマンド例

ぐぐってください

WindowsPCの共有フォルダの作成方法と、WindowsPCから見たLANの設定はぐぐってください。
cifs-utilsはぐぐって入れてください。
Linuxのマウント先のフォルダの権限とかもぐぐってください。

Notice

SourceになるWindowsフォルダは、あらかじめ中身があってもなくてもかまいません。が、マウント先にするLinuxのフォルダは空じゃなきゃダメみだいです。
ユーザーネームやパスワード等のパラメータは空でもとりあえず接続できます。(どうせ接続した先で聞かれますが)
どうしてもマウントできない場合は、原因の切り分けという意味で空にしてみてください。
ただし、バージョンは2.0だか3.0だかで指定したままをおすすめします。私はバージョン指定しないとうまくいきませんでした。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください